機種の選定方法

機種の種類や特徴を知る

自宅で使用できる脱毛器は、レーザー脱毛器、光脱毛器、サーミコン脱毛器と大きく3つの種類に分けられます。それぞれの機種には特徴があるため、メリットやデメリットを把握したうえで自分に合ったものを選ぶことが大切です。レーザー脱毛器は太く濃い毛に高い脱毛効果を発揮しますが、脱毛するのに時間がかかります。光脱毛器は、産毛や細い毛にも効果があり、照射範囲が広いため処理するのにそれほど時間がかかりません。サーミコン脱毛器は脱毛ではなく熱で毛を焼き切るタイプで、根本的な脱毛はできないものの、痛みが少ないというメリットがあります。自分の毛質や、痛みをどれぐらい耐えられるかなどを考慮したうえで選ぶのが良いでしょう。

コストパフォーマンスを考える

脱毛器の値段は2万円から10万円と幅広くなりますが、安いから悪い、高いから良い機種であるわけではありません。脱毛器の中には、美顔機能がついているなどプラスの機能のために高くなっていることもあります。脱毛機能だけが良いのか、プラス機能がついているものが良いのか、自分が欲しいものをしっかりと見極めて選ぶことが大事です。
また、レーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器は、カートリッジが交換できるものとカートリッジ交換不能なものがあります。カートリッジが交換できるものは、カートリッジさえ交換すれば長く使うことができるため、同じ料金でも長く使える可能性が高くなります。コストパフォーマンスを考慮したうえで選ぶことも大切です。

脱毛のキャンペーンは、エステサロンで新規の顧客獲得を目的として行われており、数百円程度でワキや腕、脚などの脱毛ができることがあります。